みんなが楽しめる沖縄旅行!高齢者向けのプランも充実!

- 那覇を楽しむ

那覇を楽しむ

沖縄最大の街である那覇中心部。日夜賑わう那覇では、飽きることがないでしょう。
国際通りに那覇タウン、首里城といった定番スポットは、沖縄に来たのならば必ず押さえておきたいという人も多いはず。
ここでは、それぞれの魅力を簡単に紹介していきます。

 国際通り

那覇のメインストリートである国際通りの名前は、「アーニーパイル国際劇場」という映画館が由来です。戦後、焼け野原となったこの道沿いは、商売を始める商人たちのテントが多くなり、急速な発展を遂げていったため、「奇跡の1マイル」とも呼ばれています。ここでは数々の雑貨店や飲食店が並び、観光では外せない場所です。
また、「HAPiNAHA(ハピナハ)」や「国際通り屋台村」といった注目スポットもあります。

国際通りを外れたニューパラダイス通りや浮島通り、壺屋やちむん通りといった裏通りも、古い商店や新しい商店が並び、珍しい品やセンスのいい品を求めた地元の人たちも集まる場所となっています。
ニューパラダイス通りは古民家を改装したショップが印象的な通り、浮島通りは沖縄の新旧が入り混じる通り、壺屋やちむん通りは壺屋焼発祥の地として有名な場所です。

 首里城

琉球王国の中心であった首里城は、1992年に沖縄本土復帰20周年を記念して国営公園として復元されました。日本や中国の築城文化が融合した独特の建築様式や石組み技術に高い文化的、歴史的価値が認められ、2000年末には世界遺産として登録されています。
鮮やかな朱色に彩られたその姿から、かつての琉球文化を想起することが出来る場所で、沖縄の象徴ともいえます。

首里城は小高い丘の上にあり、城下を見下ろす形で存在していました。琉球王国時代の復元として首里城公園も整地されているため、坂や階段、石畳道も多くなっています。
健康な人はもちろん、小さなお子様やご高齢の方は特に履きやすい靴で訪れた方がいいでしょう。
沖縄を感じることのできるスポットですし、たっぷりと時間をとり、じっくりと観光できるようにあらかじめ計画しておいたほうがいいかもしれませんね。

 自分にあった那覇歩きを

那覇では思わず散財してしまうような魅力もたっぷりあります。その端から端まですべてを訪れるとなると膨大な時間が必要になるはずです。
そのため、ここでは特に外せない場所をあらかじめ決めておき、その場所を中心に巡るように心がけていた方がいいかもしれません。
一人旅の場合も、誰かと訪れる場合も、よくよく計画してから那覇を訪れることで、より充実した観光旅行をすることが出来ることでしょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »






Copyright(C)2014 みんなが楽しめる沖縄旅行!高齢者向けのプランも充実! All Rights Reserved.